Tiếng Việt

vi

English

en

sign up

Đăng ký

sign in

Đăng nhập

Đề Thi Tiếng Nhật

Đề Thi JLPT N1 12/2015

問題1 ___の言葉の読み方として最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
1. 決勝の素晴らしい試合に観客は興奮した。
2. この説は、鈴木氏が30年前に初めて唱えた
3. この地域における主要な産業の変遷について調べた。
4. 佐藤さんの日々の努力は尊敬に値する
5. 応募は随時受け付けています。
6. 優勝を目指してこれからも練習に励んでいきます。
問題2( )に入れるのに最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
7. 何度も交渉した末に、ようやく両社は ( )して、契約が成立した。
8. 鈴木選手の活躍は、テレビや新聞など、様々な( )で紹介された。
9. 来週の研修会への参加は、( )はしませんので、希望者のみ申し込んでください。
10. 高橋さんは明るくて( )だから、そんな細かいことは気にしないと思うよ。
11. この歌は、子どもからお年寄りまで( )年齢層に親しまれている。
12. この小説の主人公は、非常に感情の( )が激しい人物だと思う。
13. 森さんは、その話を聞いた時は動揺していたが、次第にいつもの冷静さを( )。
問題3__の言葉に意味が最も近いものを、 1・2・3・4から一つ選びなさい。
14. 林さんは必死に弁解していた。
15. 今日の会議で提案された企画はありふれたものが多かった。
16. 高橋さんはどんな事態にも、うろたえずに対処した。
17. 鈴木さんの一言が問題解決の糸口になった。
18. 昨夜、佐藤さんがふいに訪れてきた。
19. あの人は誇張して話すことが多い。
問題4 次の言葉の使い方として最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
20. 20 辞任
21. 帯びる
22. 軌道
23. 23 思い詰める
24. もはや
25. はなはだしい
問題5 次の文の( )に入れるのに最もよいものを、1・2・3・4 から一つ選びなさい。
26. 宿題がない大人がうらやましいと子供に言われたが、( )大変なことがいろいろあるのだ。
27. 祖母は、昔、幼稚園の先生を( )、昔話や童話をたくさん知っている。
28. 私の会社では、どんな理由があろうと、業務に関するデータや資料を社外に持ち出すことは、( )認められていない。
29. 旅行先で、きれいな海に感動して写真を何枚も撮っていたら、地元の人に不思議そうな顔をされた。あんなにきれい な海も、地元の人( )日常の風景なのだろう。
30. (バーティーで)
石川「あ、山下さんはX社にお勤めなんですね。今度、田中さんが社長になられるそうでよね。」
山下「え、石川さん、田中とお知り合いなんですか。」
石川「ええ、前に仕事で大変お世話になったことがあって、よく () 。」
31. 来週、歯医者で歯を抜くことになった。()そうしたいが、もうほかに方法がないらしい。
32. 彼は最近忙しいので、頼んでも、無理だと( )が、一度は頼んでみようと思う。
33. 山田「ねえ、この料理、木村さんが作ったの?」
山田「とってもおいしい。今度作り方教えて。時間があるとき( )。」
34. A大学では昨年カリキュラム改定が行われたが、それによって、本当に教育の質が向上している )。私はそ うは思わない。
35. 先月、自分のミスで試合に負けてしまい、落ち込んでしばらく練習に集中できなかった。だが、( )と思い、 また練習を一生懸命やることにした。
問題6 次の文の_★_に入る最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
36. 社内で発生したシステムトラブルに関し、担当者から、原因を特定する ___ ___ _ ★_ ___ 報告があった。
37. 私がどんな困難に遭っても ___ ___ _ ★_ ___ にほかならない。
38. 10年ぶりに故郷に帰ったら、大規模な再開発が行われていて驚いた。昔の ___ ___ _ ★_ ___ 不思議な感覚だった。
39. 親友とけんかしたその日は、謝ってきても ___ ___ _ ★_ ___ 気持ちもあったけど、次の 日には仲直りした。
40. 映画『プレゼント』について、監督は、大人の ___ ___ _ ★_ ___ と語った。
問題7 次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、(41)から(45)の中に入る最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
ずーっと刻まれる「母の愛」

友人からの深夜の電話。彼女は息子の小1のときのクラスメートの母親で、いわゆるママ友である。お寿司屋さんの彼女とは家族ぐるみのつき合いで、もう20年以上が経つ。仕事を持つ私たちが自分の時間を持てるのは、決まって深夜。いつも真 夜中にいろいろなことを話し、助け合いながら生きてきた。

【41】息子が一人暮らしを始めた。育ち続けるのだそうだ。お祝いを兼ねてアパートを訪ね、夕食を作り、洗濯をし、汗だくになって真新しいカーテンをつけ終えたという。そして帰る母親に彼は一言「じゃあね」。その「じゃあね」に頭にきたと。 なぜ、「お母さんありがとう」と言えないのだ。【42】と、寂しくなったという。 彼女自身は幼い頃に両親が離婚し、父親の元で育ち、中学から家事一切を任されていた。彼女の洗濯物のたたみ方は今でも見ていて美しく、気持ちがいい。子供たちにはできる限りのことをしてあげたいと、いつも一生懸命やってきたという。それでいいんだよ」。そう答えながら、私には突然、自分が7歳のときの光景が蘇った。

【43】、私の母も働いていた。ある日、初めて友人が家に遊びに来ることになり、前の晩一緒にお風呂に入りながら、母にそのことを告げた。「明日ね、○○チャンと○○チャンと...」。母は黙って【44】。翌日帰宅すると、テーブルの上の紙皿に、人数分の数種類のお菓子がきれいに並べられていた。手作りのケーキや高価なお菓子でもなんでもないけれど、私は自慢げにみなに言った。
「さあ、おやつですよー」
そうなのだ。愛情は突然蘇り、胸いっぱいに広がり、生き続けるものなのだ。彼女の息子への愛も、これからずーっと彼の心で【45】。

(大竹しのぶ朝日新聞2013年7月19日付夕刊による)
【41】
【42】
【43】
【44】
【45】

Ý kiến đóng góp (0)