Tiếng Việt

vi

English

en

sign up

Sign up

sign in

Sign in

Đề Thi Tiếng Nhật

JLPT Test N1 in 12/2023

問題1___の言葉の読み方として、最もよいものを1・2・3・4から一つ選びなさい。
1) ある画家の人生の軌跡を描いた映画を見た。
2) ここに書いてある情報には偏りがある。
3) 村上氏の主張にはさまざまな矛盾が含まれている
4) 事実が誇張されて伝わる
5) この食堂で社員全員の昼食を賄っている。
6) 軽率な行動が批判を招いた。
問題2 ( ) に入れるのに最もよいものを 1・2・3・4 から一つ選びなさい。
7) そのチームは、名門チームが多数出場する中で、初出場で優勝という( )を成し遂げた。
8) リーダーの無責任な発言が、混乱をさらに( )することになった。
9) 誰かを助けてあげたからといって、その分の( )を求めてはいけない。
10) 学内から選ばれた学生たちによって、代表チームが( )された。
11) 飛行機やホテルの予約、関係者との日程調整など、出張の( )はすべて秘書に任せている。
12) 入院生活をして、健康の大切さを( )感じた。
13) 高木さんは入社当初は表情が硬かったが、だんだん緊張が( )きたらしく、笑顔を見せるようになった。
問題3___の言葉に意味が最も近いものを 1・2・3・4 から一つ選びなさい。
14) 自分の尺度を持ったほうがいい。
15) わずらわしい仕事をやることになってしまった。
16) 池田さんには会えたが、肝心な話はできなかった。
17) 今週は仕事がはかどりました
18) 新人のときはずっと辛抱していた
19) この地方のしきたりについて話を聞いた。
問題4 次の言葉の使い方として、最もよいものを1・2・3・4から一つ選びなさい。
20) 解約
21) 特産
22) 問い詰める
23) 改修
24) 手厚い
25) デマ
問題5 次の文の( )に入れるのに最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
26) 長く使っていた古い冷蔵庫を、引っ越し( )買い替えた。
27) 経営者は、会社は社員( )ものであるということを忘れてはいけない。
28) 私はこの漫画が大好きで、つらいときに( )元気をもらっている。
29) 連休中どこにも出かけず、( )、今日は朝からどうも体がだるい。
30) (会議で)
委員長「北駅周辺の再開発計画について、皆さんのご意見をお聞かせください。」
委員「私個人( )その必要性を感じておりますが、市民の皆さんは納得しにくいのではないかと思います。」
31) せっかく新しく買うのならと高性能のパソコンを( )、全く使いこなせていない。
32) 先日、レストランに行ったとき、店員の失礼な態度に大変( )。
33) (会社で)
林: 「部長、ABC銀行の山下さんが( )。応接室でお待ちです。」
部長: 「わかりました。」
34) 今日から12月だ。早いもので、今年ももうすぐ( )。
35) 仕事において、ミスは( )。しかし、人間である以上、ミスは避けられないものだ。
問題6 次の文の _★_ に入る最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
36) 当社が先月発売したパソコンについて、印刷の _★_ ___ ___ ___ ことが判明しました。
37) このフライパンは、さすが ___ ___ _★_ ___ とても使いやすい。
38) 最後に見た映画が ___ ___ _★_ ___ 映画を見ていない。
39) 学生から提出された論文の中に面白いものがあった。私が ___ ___ _★_ ___ これまでにない。
40) このレシピ本は、ふだん料理をしない人でも ___ ___ _★_ ___ 評判になっているそうだ。
問題7次の文章を読んで、文章全体の趣旨を踏まえて、41から入る最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。
以下は、作家が書いたエッセイである。

エッセイのネタのほとんどを、私は日常の中から探している。もちろん「エッセイに書いて面白いネタ」と「書いてもあまり面白くないネタ」とがある。面白いものを【41】。

つまり君は、自分が書くエッセイは全部面白いと言いたいのかね?という声が聞こえるので、さらに説明すると、面白いかどうかは、まずは「自分にとって」である。自分にとって面白いとはどういうことか。それは私の場合、「自分がそれまで知らなかったこと」を書く、【42】。

知識というよりは感覚や感情であることが多い。今まで見えなかったものが見えたとき。同じ場所なのに違う場所のように感じられたとき。ずっと眠っていた記憶。思いがけない嬉しさや悲しさや淋しさ。不意に自分の中に生まれた、世界というものへのあらたな認識。

春になったら暖かくなるとか、困っている人には親切にしたほうがいいとか、不倫はしないほうがいいとか、梅に鶯とか月に雁とか、すでに知っていることは、いくら上手に書いてもつまらない。このエッセイの、665文字という短さの中ですら、書いている途中で退屈になってきてしまう。

エッセイにかぎらず、【43】でもそうだ。理想を言えば、知らないことを「知った」という報告ではなくて、この世の謎、自分自身の謎に近づいていく過程を書いていきたいと思っているし、そのような書きかたをしているときが、結局、私は一番面白いのだ。あるいはこれは書くことにかぎらず、 人生全般に対して採用したいと思っている【44】。
【41】
【42】
【43】
【44】

Comments posted (0)